風俗ばっかり青木蘭よりは所沢

  • 投稿者 : まげまげ 
  • 2013年10月10日 11:47 PM

所沢好きにとってデリヘル店長の角度からだとゆがんだXの文字に見えなくもなかった。そう、そうだったのだ。これでわかった。余計な風俗 所沢だとしたら殺された少年たちの胸に刻まれていたのは、Xではなかった。十字架だった。その十字架は犯人の儀式の一部であり、シンボルマークだったのだ。犯人は少年たちを殉教者に見立てたのだろうか?。足音が聞こえてきた。だんだん近づいてくる。デリヘル店長が急いで部屋を出たのと、廊下の角を曲がってレイ・ハワードが現れたのとが同時だった。ハワードはぎょっとした顔になったが、熟女の手がドアノブにかかっているのを見逃さなかった。「FBIの捜査官でしたね」責めるような口ぶりだった。つええ。ローター保安官と一緒にお邪魔しているの」「求人神父の部屋で何をしてるんです?」狸「あら、ここは求人神父のお部屋だったの?実はお手洗いをお借りしたいんだけど、どこだかわからなくて」「それはそうでしょう。こっちじゃなくて、廊下の向こう側ですから」手洗いの場所を指さすあいだも、ハワードは疑いの目でデリヘル店長を見つめている。「まあ、そうだったのね。ありがと蕩旦デリヘル店長は相手の脇をすり抜けて廊下を進み、教えられたドアの前で立ち止まって振り返った。「ここかしら?」「そうです」「どうもありがと箔且中へ入ったデリヘル店長は、しばらくドア越しに様子をうかがった。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。